Loading

積極的に国の施策を活用する!(北九州の建設業の皆様)

思い出してください。

テニスコートなどを平らにする重いローラー。

動き出すまで大変ですが、動き出したらそれを止めることはもっと大変でした。

今、建設業界は人手不足。

2020年には55歳以上が36%であるのに対し、29歳以下が約12%しかいないこの業界を何とかしようと、大きな力である国が動き出している今、

その動きはなかなか止まらないと、私は思います。

国は、とても大きな危機感をもっています。

そして、その対策として、

『建設キャリアアップシステム登録』

を強力に推し進めています。

建設キャリアアップシステム登録により、

①技能者の就労状況(どんな現場でどれくらい従事していたのか)が明示化される。

②技能者の社会保険加入状況が明示化される。

③技能者の現在の資格取得状況が明示化される。

←休暇取得状況がわかりやすく、取りやすくなる。

←実績が明確化し、自身の技能がアピールしやすくなる。

←事業者も、所属する技能者が優秀であることをアピールしやすい。

④ハローワークの高卒新人求人票にCCUS登録事業者か否かの明示を国が推奨。

←新たな新人技能者さんが、労働環境のいい会社を選びやすくなる。逆に事業者さんは、選ばれやすくなり、新しい労働力確保につながる。

⑤コロナ明けの現場には、外国から建設業界への就労者が増えると思いますが、その彼ら彼女らはCCUS登録が必須ですし、その彼らを受け入れる事業者様も当然、CCUS事業者登録は必須です。

←外国人技能者の力が確保でき、大きな仕事の受注が可能に。

つまり、建設キャリアアップシステムを登録した事業者は、国内外の建設業技能者が「働きたい」と思う労働環境をいち早く整備でき、結果、いち早く新たな労働力獲得ができ、結果、会社としての成長できる。

そしてその実績は、次の新たな技能者獲得につながる。

5年後の未来のために、国の施策を積極的に活用する!

現在、建設キャリアアップシステム登録行政書士がいる当事務所では、建設キャリアアップシステム登録代行を年内に限り、低価格でお引き受けしております。

是非ご連絡ください!お待ちしております。

関連記事

  1. 新たな気づきは成長への第一歩(北九州の建設業事業者・技能者の皆様…
  2. 「1級建築施工管理技士補」でも建設業許可申請時の専任技術者になれ…
  3.  『建設業許可が必要じゃない人とは?』 福岡県で建設業の許可を取…
  4. 建設キャリアアップシステム登録技能者数は、今何人?(2022/5…
  5. CCUS(建設キャリアアップシステム)における国の動き~国交省と…
  6. 建設キャリアアップシステム登録行政書士の藤井 剛(ごう)です(北…
  7. 『建設キャリアアップシステム登録行政書士』になりました(北九州の…
  8. 5年後10年後を想う(北九州の建設業事業者・技能者の皆様)
PAGE TOP