Loading

想い出のボロネーゼ

私、藤井 剛(GO!)はもうかれこれ20年ほど前に結婚したのですが、その時は「ハウスウェディング」というのが流行っておりました。「ハウスウェディング」とはレストランのようなところを借り切って披露宴をするというものなんですが、私達も例にもれず山口市のサビエル記念聖堂(フランシスコ・ザビエルのことを山口ではサビエルというんです)で挙式し(結婚講座という2か月の座学を受けました。その話はまた今度w)、その教会の麓にある、1階がイタリアンレストラン、2階がホテルという「ラ・フランチェスカ」というレストランホテルで披露宴をしました(実はゼクシィのハウスウェディング特集にて、見開き4ページで載せてもらいました。私がイケメンだったからでしょうか(←絶対違う))。

そこでは、来てくださるお客様にお出しする料理を、ホテルのコックさんと事前打ち合わせをするんです。スープはこれで、サラダはこれで、肉はこれで、魚はこれで・・・と。もちろんイタリアンレストランなのでパスタも出してもらったんですが、その打ち合わせ時に、

「ボロネーゼは大人数分で作ったほうが美味しいんですよ。だから披露宴にはボロネーゼが絶対にいいですよ。」

とコックさんがとてもいい笑顔で言われていたことを今も思い出します。

試食で食べたボロネーゼはとっても美味しかったし、披露宴当日に出してもらったボロネーゼも大変好評でした。

また食べたいなぁ・・・

しかし、その「フランチェスカ」は、その後経営者が変わった後に閉業したと聞いています。

10年ひと昔、もう20年も前ですからふた昔も前の話でした。

関連記事

  1.  『建設業許可が必要じゃない人とは?』 福岡県で建設業の許可を取…
  2. 『建設キャリアアップシステム登録行政書士』になりました(北九州の…
  3. 新たな気づきは成長への第一歩(北九州の建設業事業者・技能者の皆様…
  4. CCUS登録を検討されている方はコチラ!!
  5. 5年後10年後を想う(北九州の建設業事業者・技能者の皆様)
  6. 建設キャリアアップシステム登録技能者数は、今何人?(2022/5…
  7. 「1級建築施工管理技士補」でも建設業許可申請時の専任技術者になれ…
  8. 建設キャリアアップシステム(CCUS)登録のメリット(北九州エリ…
PAGE TOP