Loading

工事の種類によって「吹き付け工事」という言葉が指す工事が違う?(建設業法)

「吹付け工事」とひとことで言っても、行われる工事により、その言葉が指す工事が変わってきます。

「左官工事」における「吹付け工事」:

建設物に対するモルタル等を吹付ける工事のこと。

「とび・土木・コンクリート工事」における「吹付け工事」:

「モルタル吹付け工事」及び「種子吹付け工事」を総称したものであり、法面処理(のりめんしょり)等のためにモルタル又は種子を吹付ける工事のこと。

「建設業許可申請」「建設業許可更新」は、北九州市小倉北区米町の「行政書士 藤井 剛 事務所」へお任せください!

「建設キャリアアップシステム登録」代行も承っております!

関連記事

  1. スレートを張る工事に必要な建設業許可
  2. 「建設業許可」をわかりやすく         建設業許可を取るの…
  3. 「防水モルタル」を用いた防水工事に必要な建設業許可は、「左官工事…
  4. トンネル防水工事、建築系防水工事、それぞれどんな建設業許可が必要…
  5. 『コンクリートブロック』に関する工事に必要な建設業許可は?
  6. 「内装仕上工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要…
  7. 「熱絶縁工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件…
  8. 板金屋根工事に必要な建設業許可は、板金工事業?屋根工事業?
PAGE TOP