Loading

「解体工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件「実務経験が10年以上」が「実務経験が8年以上」になる特例とは!

「解体工事業」 の一般建設業許可を取る時に、専任技術者となる人が

 「解体工事業」 の実務経験が 8 年以上あり、「土木工事業」 と 「解体工事業」の実務経験の合計 が12 年以上ある場合

 「解体工事業」 の実務経験が 8 年以上あり、「建築工事業」 と 「解体工事業」の実務経験の合計が 12 年以上ある場合

③ 「解体工事業」 の実務経験が 8 年以上あり、「とび・土木工事業」 と 「解体工事業」の実務経験の合計が 12 年以上ある場合

 

特例で、 「解体工事業」 の実務経験が8年以上でも (つまり、10年以上じゃなくても)、専任技術者の要件を満たすことになります。

解体工事業にて、建設業許可取得をお考えの建設業の皆様!

ご自身が建設業許可取得可能か、「建設業許可無料診断」をしてみませんか?

建設業許可無料診断はこちら!!

北九州市小倉北区米町の「行政書士 藤井 剛 事務所」へのお問合せはこちら!!

関連記事

  1. 「上下水道工事」に必要な建設業許可は?
  2. 「建設業許可」をわかりやすく         建設業許可を取るの…
  3. 「屋根工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件「…
  4. 「ガラス工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件…
  5. 「防水モルタル」を用いた防水工事に必要な建設業許可は、「左官工事…
  6. 「しゅんせつ工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の…
  7. 「内装仕上工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要…
  8. トンネル防水工事、建築系防水工事、それぞれどんな建設業許可が必要…
PAGE TOP