Loading

「建設業許可」をわかりやすく         建設業許可を取るのに必要な要件は7つ     →その3「誠実性」(北九州の建設業の皆様)

皆さんが「建設業許可」を取得するにあたり、まず必要である「要件」は7つあります。

(福岡県の出している「建設業許可申請等の手引き」より)

その3は・・・

「誠実性」です。

「誠実性」(法第7条第3号)

法人である場合においては当該法人又はその役員等若しくは政令で定める使用人が、個人である場合においてはその者又は政令で定める使用人が、請負契約に関して不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないこと。

嚙み砕きますと・・・

「法人、法人の役員等(取締役のほか顧問、相談役等を含む。以下同 じ)、個人事業主、支配人、支店長、営業所所長等が請負契約に関して不正又は不誠実な行為をするおそれがないこと」

となります。

建設業許可が取得できるか?を、行政書士 藤井 剛 事務所で、簡単診断しませんか?

お問い合わせはホームページの無料診断バナーへ!

関連記事

  1. スレートを張る工事に必要な建設業許可
  2. 「機械器具の設置」建設業許可
  3. 「熱絶縁工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件…
  4. トンネル防水工事、建築系防水工事、それぞれどんな建設業許可が必要…
  5. 「ビル外の避難階段」設置工事はどの建設業許可で行える?
  6. 「プレストコンクリート工事」を行える建設業許可は?
  7. 『鉄骨工事』に必要な建設業許可は?
  8. 「内装仕上工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要…
PAGE TOP