Loading

「プレストコンクリート工事」を行える建設業許可は?

プレストコンクリート(PC)とは、あらかじめ応力を加えて、荷重が作用する前にコンクリート部材に圧縮力が掛かった(プレストレス)状態にし、荷…

「ビル外の避難階段」設置工事はどの建設業許可で行える?

① 消防施設工事業② 建築一式工事業③ 鋼構造物工事業ビル外の避難階段の設置工事は、建築物の躯体の一部の工事として…

「防水モルタル」を用いた防水工事に必要な建設業許可は、「左官工事業」?「防水工事業」?

防水モルタルを用いた防水工事は、建設業許可の「左官工事業」「防水工事業」どちらの業種の許可でも施工可能です。建設業…

工事の種類によって「吹き付け工事」という言葉が指す工事が違う?(建設業法)

「吹付け工事」とひとことで言っても、行われる工事により、その言葉が指す工事が変わってきます。「左官工事」における「吹付け工…

「1級建築施工管理技士補」でも建設業許可申請時の専任技術者になれる?

この「1級建築施工管理技士補」という資格を活用して、建設業許可申請時に必要な専任技術者になることは・・・できません!…

専任技術者 実務経験の確認資料       (福岡県で建設業許可を取ろうとお考えの皆様へ)

専任技術者 「務経験の確認資料」とは?(福岡県で建設業許可を取ろうとお考えの皆様へ)

これから建設業許可を取ろうとお考えの皆様(北九州・福岡の建設業の皆様)

【誠意をもって対応させて頂きます!】福岡県内の建設業許可取得をご検討の皆様。北九州市小倉北区米町の「行政書士 藤井 剛 事務所」までお問合せください!

「解体工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件「実務経験が10年以上」が「実務経験が8年以上」になる特例とは!

「解体工事業」で一般建設業許可を取る場合の専任技術者の要件が期になるところですが、「実務経験が10年以上」が「実務経験が8年以上」になる特例があります。

「水道施設工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件「実務経験が10年以上」が「実務経験が8年以上」になる特例とは!

「水道施設工事業」で一般建設業許可を取る場合の、専任技術者の要件が気になるところですが、基本的には「実務経験が10年以上」というのが条件になります。ただ、「実務経験が8年以上」になる特例があります。

「熱絶縁工事業」で一般建設業許可を取る!    専任技術者の要件「実務経験が10年以上」が「実務経験が8年以上」になる特例とは!

「熱絶縁工事業」 の一般建設業許可を取る時に、専任技術者となる人が「熱絶縁工事業」 の実務経験が 8 年以上あり、「建築工事業」 と …

さらに記事を表示する
PAGE TOP